2015年1月29日木曜日

アイヌ関連施設の紹介

ピリカコタン


みなさん、イランカラテ〜

今日は朝からずっと外に出ていて更新できないかと思いましたが…1月は毎日更新することを目標にしていたので!(笑) ちょっと強引に更新したいと思います!!

札幌市南区にある「札幌市アイヌ文化交流センター(ピリカコタン)」について紹介します^^ピリカコタンとはアイヌ語で「美しい村」という意味です♪
では北海道白老町にあるのは?…ポロトコタン!(笑)「大きな湖の村」という意味です!
砥山がきれーいに見えていますね〜

札幌市内とは思えないぐらい自然に囲まれています
ドライブを楽しむのにも最適ですね!


2003年に建設されたばかりでとてもきれいな施設です
中2階にはレストコーナー(左)もあるのでお弁当を持ち込んで食べるのも楽しそう♪
 ストリートギャラリー(右)には民具が展示されています^^

1階には情報コーナー、展示室、ホールがあります
               タッチパネルで何を調べてるのかしら…?(笑)

屋外には「自然の里」「歴史の里」とよばれるゾーンがあり、まだ北海道が侵略される前のアイヌの生活を見ることができます。
ポロチセ(大きな家)もむかしのまんま!
もしかしたらチセの中で燻蒸しているのを見ることができるかも!
(燻蒸は茅を強くしたり、虫を家の中から駆除するために火を焚くことを指します)

ムックリ作り体験や刺繍体験、その他民具作りなども行われているようなので(いつやっているのかは分かりづらい…)、気になる方はぜひ札幌アイヌ協会に問い合わせてみてください!

ちょっと言いたいことは他にもたくさんあるのですが、今日はこれだけにします!

それではみなさん、おやすみなさい!
スイ ウ ヌカラ アンロ〜^^

0 件のコメント:

コメントを投稿