2015年2月23日月曜日

アイヌ文化

エム(1)


みなさん、イランカラテ〜

本日は エムについてご紹介したいと思います!!

…エムってなに?って方、多いでしょう。
いや、98.8%の日本人は知らないに賭けます!

(…そういう私も先月知りました(笑) 
ん〜このブログをはじめてから、より多くアイヌの伝統文化を学んでいる気がします!読んでくださっているみなさんに感謝です!)

エムアツとは「アイヌの男性が儀礼の際に、刀を盛装として身につけるための帯」を指します。
複製したものがこちらです!
発掘されたものが「北海道アイヌ総合センター」に展示されていました
これを肩からかけて刀を背負っていたんですね!
かっこいい〜〜♪

エムを作るには「シナの木の皮」を乾燥させて、まず「糸」を作る必要があります。
以前ブログでご紹介したのですが…アイヌ語で「糸を紡ぐ」ってなんと言うか覚えてらっしゃいますかね?もし覚えている方がいれば素晴らしいです!

カエカ
と言います(^^)/
今日はそのカエカの行程をご紹介しようと思います♪
この量のシナの木の皮に
スプレーで水をかけ柔らかくし、細かく割いて…
糸によりをかけながら編んでいきます!

テーブルの端にとめて
どんどんカエカします^^

それでまずはどんどん編んで、糸を作っていきましょう!

長くなりそうなので今日はこの辺で!
また明日続きをお届けしますね〜^^



0 件のコメント:

コメントを投稿