2015年3月6日金曜日

今日の道新

ゴールデンカムイ


みなさん、イランカラテー!

 先日の映画ミーティングにお越し下さった方々、イヤイライケレ〜(どうもありがとう)
ミーティングの様子は後日お届けしますが、鑑賞した映画「少女へジャル」すっごくおもしろかったです!(笑)
民族問題を描写していることを忘れるぐらいコミカルな描写が多く、見た後も楽しく議論できました♪

次回の開催は4月17日(金曜日)を予定しています!
たくさんのお越しをお待ちしております♪


今日は、以前もお話ししていた「ゴールデンカムイ」の2巻が発売されたので
すこしお話させてください^^
みなさんはもう読まれましたか??
どうでした?ぜひみんなの感想を聞きたいなぁ!

私はすっごく気に入りました…!
もともと漫画好きではあるんですが、好きな漫画トップ10くらいには入るかもしれません

アシリパさんを守ってくれる レタ という
ホロケウ(エゾオオカミ)が出てくるんですが…
表紙にも載っていますね!
なんて素敵なの…!!!
わたしも守って欲しい…!!(笑)

アイヌ文化の描写も細かくされていて、感動しました。
多くの人にぜひ読んでもらいたい漫画のひとつです!

ふと 道新の夕刊を見るとこんな記事が目にとまりました
「村雨ケンジのこのコマを見よ」
(道新さんにはシークレットでお願いします!(笑))
ゴールデンカムイについて書かれているじゃないですか!

この記事、とても感動しました!

【引用】「美少女キャラに妖精的な属性を付加するためか、アイヌ民族という設定を使うのも、道民には重い」
 その通りかもしれません。私もアイヌが「なにか幻想的なもの」「神秘的な高尚なもの」と描かれるすぎるのはちょっと不自然かなと思います。(卑下して書くのはもってのほかですが…)

その点この漫画は等身大の…当時を想像させる描写が多くとても好感が持てます!

【引用】「血で血を洗うパワフルなアクションの連続で、和ませるのがカルチャーギャップの笑い、やがての相互理解というのは、多民族多文化の地・北海道らしくてちょっとうれしい。」

わたしの目標でもある「多民族多文化共生の社会づくり」を他の方々も言っているのを見ると、心が震えます。

アイヌが居住しているのアイヌモシリは北海道だけではありませんが
自分が生まれ育った北海道に住む人々が「多民族が共生していること」を意識してくれるようになればうれしいです。

来週は 電影社メンバー まゆこさん のロシア・サハリン滞在日記をお届けする予定です〜♪
樺太アイヌのことも触れてくれるのかな?!!楽しみです^^

ではみなさん、またお会いしましょう。いい夢をみてくださいね!

0 件のコメント:

コメントを投稿