2015年6月26日金曜日

100回目の投稿

ご報告

みなさん、イランカラテー

おとといの夜、NHK・総合で放送された「歴史秘話ヒストリア第222回 北の大地に夢を追え」ごらんになりましたか〜? 実は電影社の スケジュール でもこっそり告知していたのですよっ

この番組は 北海道の名付け親 松浦武四郎 の特集でした!
武四郎は 13年間も蝦夷地を散策しただけでなく、アイヌひとりひとりの名前も記録しており わたしの先祖の名前もちゃんと記録されているのですよ!^^素晴らしい〜 自慢です(笑)

また今日は 18:45から自由学校「遊」で 川上容子さん ロスリンさんに「アイヌ文化」、「先住民族と文化」の講演がありますよ!
ふるえるデモの盛会を祈念しつつ… 関心のある方はこちらにもぜひご参加ください^^
講演ももちろんですが 川上さんによるユカラ… 私自身、とっても楽しみで〜す!

そして 今日は 電影社が北海道庁に提出したパブリックコメント を報告するためブログを更新しています。
告知するのを怠っていたのですがが… 北海道庁 アイヌ施策推進室が「アイヌの人たちの生活向上に関する推進方策(第3次)(素案)」に関して一ヶ月間、意見公募を行っていました。

電影社も未熟ではありますが アイヌ民族全体のために 権利回復運動を展開することが大切だと感じ、パブコメを提出しました。


P.1 24行目「生活保護率や大学進学率などにおいていまだに格差がみられることに鑑み、平成28年度以降も引き続き…」とあるが、アイヌ生活向上関連施策は「アイヌが先住民族であること」を第一の理由に推進され、継続されるべきである。
P.4 (1)教育の充実について


北海道庁は、初等教育は幼児教育を含むものとの前提で、民族教育」と「義務教育」の2本を柱に全道各地のアイヌ協会が主体性をもってログラムを打ち出せるよう支援すべき。またアイヌ子弟だけでなく、全道の小・中・高等学校において適切な北海道史の指導が受けられるがよう、教職員や行政職員への研修も充実すべき。

加えて道内大学に対する推薦入学枠の設置は、かかる個人認定はアイヌ協会と連携し行い、文学部以外の学部・学科にもアイヌ子弟を入学させるべき。

P.5 (2)雇用の安定について


就職支援としての職業訓練だけでなくアイヌ雇用主への助成も創出すべき。経営相談員のさらなる有効活用を望む。


P.6  (3)産業の振興について


道央圏に常設展示場と販売機能を持たせた施設整備が必要。またアイヌ伝統的文様の知的財産権管理や認証制度の確立をアイヌ協会との協動によって達成すべき。このことが雇用の安定にもつながる。


パブコメがどのくらい意味のあることかは分かりませんが 一歩ずつ いつかこれらが達成され わたしの目標に近づくように…
ただ できあがった制度の上で、その制度がどのように作られたのかも理解せず その上にあぐらをかくような人間にはなりたくないですしね(-∀- )

今日はこれだけです〜 また今日 明日の講演の様子等お話ししようと思っていますよ!

それでは〜ピリカノ パエヤン!
(昨日のNHKで言っていたので さっそくつかってみました♡笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿