2015年8月14日金曜日

映画ミーティング報告&告知

第10回、第11回 映画ミーティング

みなさん、イランカラテー!

先月の映画ミーティングではロスリンさんが提案してくれた「氷海の伝説」を見る予定でしたが、急きょ変更し 1959年に映画化された「コタンの口笛」という映画を鑑賞しました!
作品情報 コタンの口笛

DVD化されていない作品なので 今では手にするのも難しいですが、「アイヌ民族を主人公にして描かれた」数少ない作品のうちのひとつです。

近年 主流社会が作成する映画のなかでアイヌを描いた作品といえばなんでしょうか?
[主人公にして描かれた作品ってわたしが知る限りないんですけど… ぜひあれば教えてください(笑)]近年の作品だとなんでしょう… 北の零年? 許されざる者?

2000年代に出版された「放送禁止歌」という本がありますが、その時代の社会的背景は 当時の「規制」や「自粛」を通して生み出されたメディアで読み取ることが出来ると思います

現在の状況を読み解くには 「アイヌがアイヌとして描かれたその時代の映像」の推移を考察してみるのもおもしろいやり方ではないかと思い立ち!(笑)この作品を鑑賞しました。

コタンの口笛では、アイヌだ!と言われ差別されている登場人物がいわゆるアイヌ文化を実践する様子は1シーンも描かれていませんでした。(おばあちゃんがユカラを歌う声はすこしながれましたが)

それなのに「あいつはアイヌだから…」「あっイヌがきた!」とさげすまれている
なにが登場人物たちをアイヌたらしめているのでしょう?

またこの作品の中で アイヌを差別する側 と アイヌに優しくする側2つのタイプの和人が描かれています。では その意図とは?優しくする和人の本当の気持ちは?

こんなことを前回のミーティングでは話し合いました!^^


ここからは告知です
過去に製作された「アイヌとして描かれた人物が登場する」作品を追うため、次回の映画ミーティングでは1953年に製作された「君の名は 第2部」という作品を見てみようと思います!

作品情報 君の名は 第2部

第11回 映画ミーティングの詳細は!

日時 8月21日(金曜日) 18:00 ~ 21:00ぐらい
場所 北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)W401教室
鑑賞作品 君の名は 第2部

ぜひ一緒にこの作品を通して「これまでアイヌ民族は主流社会にどのように描かれたか」を考察し、これからの北海道はどうあるべきかを考えてみましょう!

ではでは スイ ウヌカアンロー!


0 件のコメント:

コメントを投稿