2015年8月3日月曜日

イベント告知

今週末はイベントがたくさん


みなさん、イランカラテー^^

今日はイベントを2つ紹介いたします。どちらも学術系のイベントですが、意義深いイベントだと思ったのでご紹介いたします!

ひとつめは
これでイイの?
中学校歴史教科書の記述を考える集会
日時 8月7日(金)
18:30〜20:30
場所 札幌市民ホール 2階
(中央区北1西1)
主催 教科書のアイヌ民族記述を考える会

北海道大学 教授の吉田邦彦さんの講演、中学校歴史教科書8社の記述報告そのあとは意見交換となっています。
吉田邦彦先生は 民法学の教授で、以前読んだ論文も素晴らしくとても勉強になったので、今回の講演も期待しています…!これは行って勉強するしかない!!

わたしも以前ブログで教科書検定問題については書いていますが(リンクは こちら )、この問題は非常に大切な問題で放っておいてはいけません。
お時間のある方はぜひ一緒に意見を出し合いましょう!


そしてふたつめは
国際先住民族の日記念事業
アイヌ民族の歴史軸を考古、口承・史料から考える

日時 8月8日(土)
13:15〜17:00
場所 かでる2・7ビル 4階
主催 北海道アイヌ協会

旭川市博物館から今話題の瀬川拓朗さん(「アイヌ学入門」の執筆者です)、北海道大学アイヌ・先住民研究センターから佐々木利和客員教授、加藤博文教授を迎え
これまで アドオン(付け加えられた)歴史として描かれることの多かったアイヌ民族の歴史をどのように主体性をもって描くべきなのか、そしてそれはアイヌ民族に特化した国立博物館にどのように反映されるべきかを考えます

アイヌ考古学、とくに擦文文化とオホーツク文化における研究で顕著な成果をあげた 東京大学名誉教授 宇田川洋氏の研究をまとめた資料解説のあと、自由討議に質疑応答と濃いイベントになること間違いなし!

今週末はおもしろい時間を過ごせそうですね。

ではでは スイ ウヌカアンロ!



0 件のコメント:

コメントを投稿