2015年11月4日水曜日

映画ミーティング報告&告知

第12回 映画ミーティング報告


みなさん、イランカラテー

2回に分けて鑑賞した「氷海の伝説」。すこし長かったですが、非常におもしろい映画でした!内容ももちろんのこと、これまで一度も聞いたことのなかったイヌイット語を3時間も聞いたので、新鮮な感じがしました^^


この映画は 村の外れに住んでいたアマグアック(兄)とアタナグユアト(弟)の兄弟のお話でした。主人公は弟のアタナグユアトです。
原題の ' the fast runner ' でも分かる通り、この作品はイヌイットに伝わる 足の速い人伝説 に基づいているようです。

左 アタナグユアト 右 アマグアック:参考

弟のアタナグユアトは村長の息子 オキの許嫁 アートゥワ と恋に落ちてしまい、決闘をすることになりました。この決闘というのは… 村のみんなが見ている前での殴り合い!

オキはそれはもう乱暴者で血の気の多い男なのですが、なんとアタナグユアトは決闘に勝利し 見事アートゥワを妻にします。



これで アタナグユアトはオキの恨みを買うのですが、なんとひょんなことからオキの妹を2番目の妻にします。その妹もわがままな娘で… 兄のアマグアックと不倫してしまい、一家崩壊を引き起こします。笑

アタナグユアトが「よくも不倫したな!」と怒りを爆発させると…オキの妹は「こんなはずじゃなかった!怒るなんてひどい!」と出戻り、自分の兄に 旦那と旦那の兄貴の殺害を依頼します。ひえ〜

兄のアマグアックは即死してしまいますが、間一髪アタナグユアトはそれを回避し なんと…!裸で逃げ出します。それがDVDのパッケージ写真になっていますね。

遠くの村で力を蓄えたアタナグユアトが しばらくして元の村に戻り、オキ一味を退治する というのがざっくりしたあらすじでした〜!



この映画の見所はやはり アタナグユアトが走って逃げるシーンでしょうね。もう壮快!笑

なんでしょうね。ステレオタイプとは真逆。登場人物が生き生き描かれていて、イヌイットの社会における 妬みや嫉妬、暴力、純愛…といった どの人間集団にでもありうる日常を身近に感じました。

ミーティングでは…

・先住民族が自身を描いた作品なので 先住民族の文化を過度に美化したり神秘的なものとはしていない点がいいと思った。

・決闘が親族の前で行われていることが、コミュニティのつながりをよく示している。現代社会ではありえない。

・「自分はどこの誰の息子」と言って、コミュニティに理解されているのは いまのアイヌ社会でもよくあることだ。

というような意見がありました。

また今日は書きませんが「文化の復興は個人レベルの活動が先か、政策を推し進めるのが先か」 というようなディスカッションもしました。
集まってくださったみなさん、本当に楽しかったですよ!ありがとうございました^^


さてさて 11月の映画ミーティングの告知です^^



第13回目を迎える今回の映画ミーティングでは ネイティブアメリカン の映画を鑑賞しようと思います!

11月6日(金) 18:30 ~ 21:00
@北海道大学メディアコミュニケーション研究棟 608室
鑑賞映画 グローリーショット~栄光への軌跡~

この作品は ネイティブアメリカンの高校生がラクロスという 'ネイティブアメリカンが神から与えられたスポーツ' を通して成長するストーリーだそうなので、見終わった後 みなさんと 「アイデンティティ」とはなにか  について話し合えたらと思っています^^

お申し込み不要ですので、お時間あればぜひ遊びにきてくださいね♪

では、スイウヌカアンロ〜!


0 件のコメント:

コメントを投稿