2015年11月22日日曜日

映画ミーティング

第14回目 映画ミーティング告知

みなさん、イランカラテー

第13回映画ミーティングからだいぶ時間が経ってしまいましたね…
前回はネイティブアメリカンとラクロスを描いた映画「グローリーショット〜栄光への軌跡〜」を鑑賞しました!

この映画の主人公は カジノの展開を行うビジネスマンの ジョー・ローガン。彼は 白人とネイティブアメリカンのハーフです。しかし 彼は ネイティブアメリカン というアイデンティティを強くもっていた訳ではありませんでした。

今回居留地に戻ってきた「カジノで利潤をあげて、仲間(people)の居留地に病院をつくりたい」という思いも、仲間(people)のため というよりは「病院がなくて救えなかった自分の母親を思って」という気持ちが強かったように見えました。


先住民族をとりあげる映画は よく先住民族の文化を幻想的に描き、型にはまった先住民族像を生み出してしまう側面がありますが この映画でもそういうシーンがないわけではありませんでした。

それでもわたしがこの映画で素晴らしいと思ったのは
最後に 土地開発をやめさせて、森林を取り戻すシーン。

自分たちにとっては この森林がなによりも大切なんだ。

自分たちの仲間(people)にとって なにが一番たいせつか。自分たちの仲間(people)で残すべきものはなにかを再確認できた というところでした。考えさせられます。
 平取ダムの建設のニュースを思い出しましたよ。(参考 北海道新聞11月9日

ミーティングでは

・描かれた先住民族像がステレオタイプ的だった。
・先住民族に関する映画は 先住民族のことを紹介する、主流社会に理解させるという機能をもっていると思っていたが 「ここでは 連邦憲法は適用しない居留地だ」「他にもデベロッパーはたくさんいる」と白人ビジネスマンを一刀両断したのは驚きだった。

というような意見が出ました。
帰属意識/アイデンティティの話もしましたが、それは今回は省略します。


さ〜てさて、次回の映画ミーティングは…
12月 4日(金)18:30〜21:30ぐらい
@北海道大学メディアコミュニケーション研究棟 608室
→ S105教室
鑑賞映画 クジラ島の少女


この作品は ニュージーランドの先住民族 マオリ に関する映画です!

ネイティブアメリカンの映画を見たので Black Robe や 失われた楽園 を見たいなぁと思っていたのですが、レンタルにはなかなかありませんよね〜。
マオリ に関する映画で The Piano というおもしろそうなものを見つけたんですが、それもレンタルになくって…。

もうちょっと考えなくてはいけませんね。

でも、まずは 12月 4日!お時間のある方は 北大メディア研究棟でお会いしましょう♪

ではでは スイウヌカアンロ〜!

0 件のコメント:

コメントを投稿