2016年1月20日水曜日

気付いたときにはもう遅い

有識者懇報告と教科書記述


みなさん、イランカラテー!

や〜 SMAPの生放送公開謝罪… 衝撃的でした…
アイドルグループの可能性を広げつづけた彼らの あの謝罪 がもたらす 芸能界、アイドル市場、ジャニーズ事務所への影響は 今もすごいですが きっと2、3年後また出てくるんでしょうね。

そしてその時 「あぁ やっぱりあの謝罪会見はおかしかった」と振り返るのが目に浮かびます…。



その当時 その問題点に気付かなくて もしくはその危険性に気付いていながらも実行してしまい、時間が経ってから 深刻な問題が発生してしまう… という事例はたくさんあると思いますが…

先日、道内の市民団体が 2009年に提出された アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会報告書 における不十分な記述の悪影響が 教科書の記述に出て来ている、と記者会見で発表しました!

わたしも昨年末から考える会の皆様のミーティングにも参加させていただいて、とても勉強になっています!
仕事だけでは得ることのできない新しい知識をどんどん得ることができますし、何よりも長年 アイヌ民族の歴史、北海道におけるあるべき教育や社会の姿について考えてこられた先生方の近くにいると、その人間性や姿勢に心揺さぶられ、自分ももっと頑張らなくては!という気持ちになります。

今日は 先日の記者会見の様子をお届けしたいと思います!

歴史教科書のアイヌ民族記述を考える会 代表 若月さん

「歴史教科書のアイヌ民族記述を考える会」を立ち上げるきっかけになったのは、4月に道新で取り上げられ話題となった 教科書検定問題 、「アイヌに土地を与えた」という教科書記述に疑問を持った有志の方々によって結成されたそうです。

小学校教諭や元教員やアイヌ協会関係者が中心となり アイヌ民族の、この島の歴史を考える市民集会や勉強会を開きながら 教科書出版会社や文部科学省にも根気づよく アイヌ史に関する質問状を送りました。

考える会が作成した教科書論評

数度に渡る教科書出版会社との質疑応答により、学び舎等の良識ある出版会社が アイヌ史の充実や適切な記述への改正に前向きな姿勢を現した とのことでした^^
市民の声が 適切な歴史記述への道筋をつけるなんて、素晴らしい取り組みではないですか!尊敬です!!行動力と巻込み力がすごいです…うらやましい><

考える会のメンバー(一部)

今後は 教科書のアイヌ民族記述の指標をつくり、本州以南とは異なる北海道の歴史を正しく子どもたちに教えることが出来る、よりよい教育の実現に貢献したいと若月代表はお話ししていました。


また メンバーの方々が口を揃えておっしゃっていたのが
今回 問題となった「アイヌに土地を与えた」という政治的正義を欠く文言が公的な 教科書 に記載されるようになってしまった諸悪の根源は アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会報告書(アイヌ懇報告) だ、ということです。

このアイヌ懇報告は 2008年の「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」を受け、招集された有識者によって2009年に作成されたものです。

北海道の本州以外の世界とのつながりを希薄に記す、土地問題の政府責任を全く記述しない、近代土地所有概念を理解しなかった理由が差別的であること等々… メンバーの方々があげた問題点を書き記すだけでも論文が書けるくらい…

公的文書であるアイヌ懇報告が不適切/不十分だと それを参考にする出版会社の作成する教科書はどうしても正しい歴史記述からは遠ざかってしまいます。



教科書記述というひとつの問題が そもそも問題は7年も前に出されたアイヌ懇報告だった… という結論を導きだしました。

なるほど。ひとつひとつ片付けて行かないと思わぬところから崩れて行くんですね…。


今日はもう長くなってしまったので終わりにします!
ちょっと中途半端な記事になってしまいましたが、近況報告として書き残しておきます。


22日は映画ミーティングです!お時間ある方はぜひいらしてくださいね♪

では スイ ウヌカアンロ〜



0 件のコメント:

コメントを投稿