2017年2月28日火曜日

映画ミーティング

第20回映画ミーティング


みなさん、イランカラテー♪
今日は備忘録として、映画MTで見た作品の感想を書いておくことにします。



この作品の舞台は、"開拓"真っ只中のニュージーランド。


話すことの出来ないエイダは、娘のフローラとともにスコットランドからニュージーランドにやってきます。エイダがニュージーランドの男性の下に嫁ぐためです。

エイダの楽しみはピアノを弾くことで、わざわざスコットランドから船に積んで持ってきたくらい、ピアノは彼女にとって大切なものでした。

当時のニュージーランドでは、先住民族マオリから白人が土地を不当で一方的な"買い上げ"が横行していました。


エイダが嫁いだスチュワートという男性もそんな"開拓"に従事する者でした。

やがて、エイダは夫となったスチュワートに命じられ、マオリ社会に混じって生活をするベインズという白人にピアノのレッスンをするようになり、「わ〜お!」という内容でした。笑

この映画わたしにはあまりストンと落ちなかったな〜。
今度語れる人がいたら語りましょう!(先住民族という目線で見てるから理解出来なかったのかも…。男女の愛憎劇としてみたら、エイダの感情も理解できたのかな。)

なぜか暗い映画が続いたので
次回は3月27日(月)18:30から、ディズニー映画「ポカホンタス」を見ようと思います^^♪
関心ある方はぜひコメント欄やfacebookメッセージでもいただければ、連絡します!

では、スイ ウヌカラアンロ〜

0 件のコメント:

コメントを投稿